3月20日春分の日は魔女の儀式「オスタラ」

こんにちは、広報担当の末村です

3月20日(水)は春分の日ですね。
春分は占星術における一年の始まりであり、太陽が12星座の一番初めの星座である牡羊座に入る日です。
昼と夜の長さが等しくなり、とても力強いエネルギーが流れ込んで来る日でもあり、
年に8回ある魔女のリチュアル(儀式)の中のひとつ、「Ostara(オスタラ)」が行われる日です。

オスタラはイースターの語源とも言われていますが、お祝いする日は異なります。
オスタラは春分の日ですが、イースターは春分の日を過ぎた最初の満月の後の日曜日で、毎年変わります。
今年は3月25日が満月ですので、3月31日がイースターになります。

オスタラとは、春風を運び、希望と喜びに満ちたエネルギーを送り込む春の女神の名前です。
ですので、春分の日は豊かさ、新しい始まり、成長などの魔法を行うのに適しています。
また、昼と夜の長さが同じになる日なので、バランス、平等、公平などに関する魔法にも適しています。
是非祭壇をつくって何か儀式を行ったり、この日に合った物を食べたり、部屋を飾ったりして、お祝いしてみてください。

オスタラの日にパワーストーンを持ち歩いたり、持って瞑想をしたりするのであれば、ローズクォーツ、アメジスト、アクアマリン、などのパステルカラーのパワーストーンがおすすめです。
願い事を書く時これらのパワーストーンを握りしめながら書くのもよいかもしれません

身体のケアもお忘れなく
春の訪れを祝うこの日にオススメな食べ物は、
卵料理、季節の野菜を使ったサラダ、季節の果物、ミルク、ハチミツです。これらを食べてエネルギーを身体に補給しましょう。

お勧めのハーブはミント、レモンバーム、ヨモギ、ダンディライオン、ゴボウ、など。
アロマはペパーミント、バジル、タイム、フランキンセンス、などです。
これらのアロマオイルをお部屋に拡散したり、ハーブやスパイスを使ってデトックス風呂を作ってゆっくり浸かるのもオススメです。(あまり刺激が強いものは避けてください)

オスタラの祭壇に飾るお花は、スミレ、スイセン、チューリップ、フリージア、菜の花、ラベンダーなどの今咲いているお花が良いでしょう
この日お出かけするのであれば、パステルカラーまたはウサギ柄の服もしくは小物を身に着けるのもいいですね。

そして、この日にお勧めの簡単なサラダをお伝え致します。
サラダは簡単ですが食べる時間が重要です。
春分の日の日の出、または日の入りの時間に、太陽の光を浴びながら頂きましょう。

【豊かになるぞオスタラサラダ】
■用意するもの
お好みの野菜(季節の野菜を必ず入れましょう)、ゆで卵、お好みの食材(フルーツ、生ハム、チーズなど)
ハチミツ、オリーブオイル、レモン汁、ハーブソルト

お好みの野菜とゆで卵、食材をお皿に盛り付けましょう。
その時は、あなた自身をお皿に見立てて、どんなものを成長させていきたいのか?何を得たいのか?などを食材に置き換えて盛り付けていきます。

その後ハチミツ、オリーブオイル、レモン汁を1:1:1の割合で混ぜます。
混ぜる時に、オスタラの日の豊かさのエネルギーも一緒に混ぜ込まれていくのをイメージをしながら行います。
(味はお好みで材料や分量を変えても良いのですが、バランスの日なのであえて分量を1:1:1にしています。)

豊かさのドレッシングが完成したら、あなたの願いのサラダに豊かさ(ドレッシング)を振り撒きましょう。
ハーブソルトも豊かさに見立てて、あなたの願いのサラダに振りかけます。
(欲張り過ぎてあまりかけ過ぎないように注意して下さい)

出来上がりましたら、
日の出、または日の入りの時間に太陽の当たる場所に移動し、
願ったものが自分の中に入り、芽が出て、成長していくイメージをしながら、サラダを頂きます。
あなたの願いをすべて身体に定着させるためにも、残さず食べるようにして下さい。
欲しいものをたくさん盛り付け過ぎて食べきれない・・・とならないようにしましょう。

日の出と日の入りに食べるのは難しそうと思った方は、少しパワーは落ちてしまいますが、
太陽の代わりになるロウソクに火をともし、その光のもとで食べてみて下さい。

では魔女の儀式「Ostara」の日を、ぜひ楽しんで下さいね。

関連記事

  1. 3月3日はひな祭り&新月です

  2. 12月29日から今年4度目の水星逆行

  3. 12月13日 8:31 射手座の新月

  4. 3月10日18:00 魚座の新月

  5. 22日(5:53)水瓶座の新月

  6. 天使の画家アンディ・レイキさんが亡くなって10年経ちました